強いマッサージと弱いマッサージ、どっちが正しいの?

強いマッサージと弱いマッサージ、どっちが正しいの?
強いマッサージと弱いマッサージ、どっちが正しいの?

http://weheartit.com/

マッサージをしたことがある人は、一度は疑問に思ったことがあるはず。
「マッサージって、強ければ強いほどいいの?」と考えたことはありませんか?

わたしは一時期、すっごい強い力でマッサージをしていたことがありました。 それはもう、「痛い?!!!!無理!痛い!!」と泣くくらいの(実際泣きました)力です。
無駄に力が強いので、
脚はアザだらけで親に心配されました。

結論から言うと、強いマッサージは絶対によくありません。
ダイエット効果も低いです。 この理由を説明していきます。

強いマッサージが体に良くない理由

強いマッサージが体に良くないのは、痛みで体が緊張してしまうからです。

マッサージは本来、固くなった脂肪や筋肉をほぐすことが目的ですよね。 それなのに、マッサージをして筋肉が緊張して余計固くなってしまうんです。 本末転倒ですよね。
といっても、「なんだかイメージしにくい…どういうこと?」と思う人もいると思います。

ここで、ちょっとスーパーのお肉を思い出してください。 お肉を買ってきて焼く時、叩きますよね。 叩くと柔らかくなるからです。

マッサージもそれと一緒です。 叩いたり揉んだりすることで筋繊維が断裂し、柔らかくなるのです。 スーパーで売っているお肉は、筋繊維が断裂して柔らかくなって終了です。

でも!!! わたしたちは、生きています。 生きている限り、修復します。 筋繊維が激しく断裂したら、それを修復する方向にいくのです。
そして修復する時、何が起こると思いますか?
実は、もとの状態よりも筋繊維が固くなってしまうんです。 これが強いマッサージを行った時のもっとも大きな弊害です。 マッサージをした直後は柔らかくなりますが、その後が大変です。
痩せにくい体になってしまうので、遠回りしないためにも強いマッサージはしないでくださいね!

世の中のダイエットの常識はおかしい

マッサージもそうですが、

・痛ければ痛いほど効く
・食べなければ痩せる(痩せるのではなくやつれるだけ)
・鍛えたら細くなる(バストは鍛えたらサイズアップするのに、他の部位は痩せるいう不思議な思い込み)

以上のような「ダイエットのおかしい常識」を、あまりにもみんなが信じすぎているような気がします。

今世間で常識とされているダイエット知識がすべて本物なら、みんなダイエットに成功しているはずですよね。 必ずしもすべての「ダイエットの常識」が常識だとは限りません。
時には情報を疑ってみるのも大切です。

ここでは「実体験に基づいた本物のダイエット情報」を提供していきたいと思っています。 ぜひ他の記事にも目を通してみてくださいね!