本当にそれで痩せる?プライベートジムでダイエットする時に気をつけるべきこと5つ

プライベートジムでダイエットする時の注意点
プライベートジムでダイエットする時の注意点

http://weheartit.com/

「本格的にダイエットするか!」
「そろそろお腹やばいな…」
「下半身太りなんとかしたい!!」

こんな風に思って、プライベートジムに通うことを考える人は多いと思います。

しかし、プライベートジムに通ったからと言って100%痩せるわけではありません。
「ええ!!そんなはっきり言われたらモチベーション下がるよ…」と思ったかもしれません。 わたしが100%痩せないと言い切るのは、成功する人と失敗する人に大きな差があるからです。

逆に言えば、この差を理解して成功する人と同じようにすれば、「100%痩せることは可能」だということです。 わたしの周りでもRIZAPなどのプライベートジムに通っていた人がいましたが、成功する人失敗する人様々でした。

なぜこのような差が生まれるのか? そのことについてひたすら考えてみました。 わたしは元整体師なのですが、患者さんでプライベートジムに通っていた方もいました。 そうして成功した人失敗した人の体を直接触って見ていて気がついたこともあったので、今回説明していこうと思います!

こんな人におすすめ

・プライベートジムに通おうか迷っている人
・プライベートジムに通って痩せられる自信がない人
・今通っているけど効果がいまいち出ていない人

こんな人はぜひ読んでみてください!
最後まで読んだ時には、プライベートジムでダイエットを100%成功させる準備が整っているはずです。 間違ったダイエット方法でプライベートジムでの時間を無駄にしないよう、ぜひ取り入れてみてください!

プライベートジムでダイエットする時に気をつけること5つ

 では、プライベートジムでダイエットする時に気をつけたいことを具体的に5つ紹介していきます。 「高いお金も払ったし、トレーナーさんやスタッフさんもいるしこれで痩せられる!」なんて思ってはいけません。 ダイエットするのは自分です。 高いお金を払ったから、プロのトレーナーがついているからといって痩せるわけではありません。 厳しいですがこれは本当のことです。

わたしの働いていた整体院にもダイエット目的で来ていた人がいましたが、「整体に行けば痩せる」と完全に人に頼り切っている人は変化がほとんど見られませんでした。 自分の頭でダイエットのことをきちんと理解し、「強力なサポート」として頼るのが正解だと思います。 そんな考え方を持って、ダイエットを成功させてくださいね!

食事制限でストレスをためない

プライベートジムという「食事制限するんでしょ?」とまず思いつくと思います。 その通りで、食事制限はします。
中には「目標体重を達成できない場合は全額返金保証!」というところもあるくらいなので、トレーナーさんも徹底的に管理してきます。

ただ、今は考え方が柔軟になっているところも多く、食事「制限」よりも食事「改善」をメインに行っているところも多いです。 要は「食事量を減らすのではなく、食事内容の質を高くしよう」というものです。 わたしはこれには大賛成です。 なぜなら、質が高いもの=体が本当に求めているものを食べることで、少量で体が満足してくれるからです。

「とにかく食事制限!」というところに入ってしまうと、ストレスをためることに繋がります。 ストレスがたまると、結局最後はリバウンド。 「あの我慢はなんだったの?」ということになりかねません。 入る前に無料カウンセリングで必ず、食事についての考え方に関して質問してみてください。

「制限より改善」と言っているところは良いジムだと判断していいです。 「とにかく体重を減らせばいい」という考えのところは、はっきり言ってあなたのためでなくお店の繁盛のために頑張っているということです。 そういったところを見抜いて、ストレスをためない快適なダイエット生活を送れるよう慎重に探してみてください!

がむしゃらにトレーニングしない

「トレーニングは頑張れば頑張るほどいいんじゃないの?」と思った人もいるかもしれません。 でも、「とにかく運動すればいい」という考え方は間違いです。 運動して、きちんと体が変わっていっているか、見た目も中身も変わってきているかどうか確認することが大切です。

トレーニングはたしかにカロリーの消費量を減らしてはくれますが、使うべき筋肉が使えているかどうか、逆にストレスになっていないかチェックする必要があります。 運動して気分が悪くなったり、ストレスがたまる人もいます。 ストレスがたまるとどか食いの原因になります。

あなたも、「ダイエットで運動して逆に食事量が増えた」という経験はありませんか? それは実は、ストレスによるものなのです。 「ただトレーニングすればいい」という考え方は捨てて、その内容の質を考えるようにしてください。 このことは、3・5番にも繋がるのでしっかり覚えておいてください。

間違った筋肉痛

「やった!筋肉痛来た!痩せるかも」と思ったことがわたしもあります。
しかしこれは、一概には良いとは言えないのです。 問題は、「筋肉痛になる場所」です。 ふくらはぎや太ももの前側ばかりが筋肉痛になって、太くなったという人はいませんか? これは特に女性に多いはずです。 女性は骨盤が広がりやすく、反り腰になりやすいです。

そうした状態で運動すると、使うべき筋肉でなく間違った筋肉が使われ、余計に太ったように見えることがあります。 わたしも昔そうで、「いくら運動しても痩せないなあ…むしろ太ももの前側とかふくらはぎとか筋肉痛でパンパンになるしどうしたらいいんだろう」と悩んでいました。

筋肉痛になるからと言って、痩せるわけではありません。 この話は5番に続きます。そちらを参考に間違った筋肉痛にならないようにしてみてください!

肉ばかり食べない

筋肉をつけるためには、タンパク質が重要です。 魚や肉、植物性タンパク質の大豆なども効果的です。 中でも肉は手っ取り早くタンパク質を摂ることができます。 プライベートジムでは「とにかく肉を食べろ!」というところもあるそうです。
でもこれは間違いです。 たしかに短期的に見て筋肉量は増えます。 しかし、体の中では良くないことが起こっているのです。 体臭が強くなったり、便秘になったり、肌が油っぽくなってきたり。 最初は調子がいいのですが、栄養のバランスが崩れるとこういったことが起こります。

野菜や果物などのミネラルや米などの炭水化物を摂らないと、バランスがどんどん悪くなっていきます。 ダイエットで「◯◯だけ食べていればいい」ということは絶対にありません。

あなたの姿勢は痩せる姿勢?

最後に、一番大事なことです。 2・3番にも繋がるお話です。 いくら運動やトレーニングをしても、痩せない場合があります。 それは、「姿勢が良くない場合」です。

難しいのは、「わたし姿勢いいよ!」と思っている人も、痩せない姿勢である場合が多いことです。 良い姿勢というと、普通胸を張って背筋を伸ばしてお腹に力を入れて…というのが思い浮かびますよね。

しかし、こうした姿勢を取る人は反り腰で、腰や脚に余計な負担をかけているのです。 「正しい姿勢と思ってない?」というまさにぴったりのまとめがあったので紹介しておきます! この状態でいくらトレーニングしても、細くはなりません。 お腹も凹みません。 凹んだとしても体に相当な負担をかけていることになります。 姿勢は本当に大事です。 むしろ姿勢が整うだけでもかなりのダイエット効果があるはずです。

また、良くない姿勢をずっと続けてきた人は、筋肉が骨のように固まってしまっています。 良くない状態が普通だと体と脳が思ってしまっているので、なかなか改善が難しいのです。 というのも、わたしがその一人でした(; 😉

姿勢を改善して下半身太りがだいぶ解消されてきたので、同じような人はぜひ試してみてください。 産後ダイエットについて書いた記事ですが、下の方に「正しい立ち方の手順・やり方」を詳しく載せているので、そちらを読んでみてください! 「痩せる姿勢」で運動すれば、あっという間に痩せます。 土台をしっかり作りながら、トレーニングに励んでくださいね!

まとめ

長くなりましたが、以上がプライベートジムでダイエットする時に気をつけるべきことです。 大事なことなのでもう一度言いますが、運動よりも食事よりもまず姿勢です。

姿勢が整うと食べ過ぎも防げます。 運動と食事で痩せないなら、姿勢が原因です。 実際に整体でわたしが担当していた人も、体がそこまで歪んでいない人、姿勢が悪い状態で固まっていない人は変わりやすかったです。 また、たとえ歪んでいても、「自分で変わる意識がある人」は変化が早かったです。 プライベートジムでダイエットする時は、以上のことに気をつけてみてくださいね!