本当に痩せる歩き方・ウォーキングのやり方を徹底解説!

ウォーキング・歩き方
ウォーキング・歩き方

http://weheartit.com/

痩せる歩き方、痩せるウォーキング法と言うとどんなものを思い浮かべますか?

・顔を上げて胸を張る
・背筋をまっすぐにする
・大股で歩く
・腕をしっかり後ろに引く

おそらく、多くの人がこのような歩き方を想像すると思います。

しかしわたしは、この歩き方で痩せたことがありません。
特に下半身は余計筋肉がついて太く見えたり、ふくらはぎや太ももの前側がパンパンに張ってしまったり、良いことはありませんでした。

「どうしたらウォーキングで痩せるんだろう?脚が細くなるんだろう?」 と考えていて、ある一つの方法に行き着きました。 それは、「筋肉を落とす」というものです。
どうやらわたしは余計な筋肉を使いすぎていたため、脚が張ってしまっていたようなのです。

そのことに気がついたわたしは、筋肉を落とす歩き方を研究するようになりました。
つまり、パンパンに張るような外側の筋肉は使わず、大腰筋をはじめとしたインナーマッスルを使って歩く方法です。
これが体に染みつけば、歩くだけで痩せる体になれる!! そう確信したわたしは、とにかくいつも考えながら歩くようにしました。

「この歩き方だとどの筋肉が使われるのかな?」
「今日の歩き方は太ももの前側を使う歩き方だったからだめだ」
「今日はどこにも力を入れないで歩けた!大腰筋も筋肉痛になった!」

など、毎日の気づきを大切にして研究を重ねました。

そのおかげで、今では余計な筋肉もだいぶ落ち、少しずつ脚も細くなってきました。

今回は、そんな「力を抜いた痩せる歩き方」をお伝えしていこうと思います!
インナーマッスルを使って歩けるようになると、表面の筋肉を使わずに済むため、ほっそりとした形の良い脚に近づいていきます。
すると使う筋肉も変わっていくため、ランニングやトレーニングなどの運動をした時にも、鍛えたい場所を鍛えられるようになっていきます。

こんな人におすすめ

・ウォーキングやランニングをしても痩せない人
・下半身太りが気になる人
・ほっそりした形の良い脚を手に入れたい人
・運動やトレーニングの効果を高めたい人

以上のような人はぜひ読んでみてくださいね!

痩せる歩き方でやってはいけないこと

ではまず、痩せる歩き方でやってはいけないことを説明します。 それは、

・顔を上げて胸を張る
・背筋をまっすぐにする
・大股で歩く
・腕をしっかり後ろに引く

です。 あれ?と思いましたか?
そうです。先ほど挙げた4つの項目です。

世間一般で良いと言われているウォーキング法は、たしかに「端から見ると良い感じ」に見えるのですが、実は体に悪影響を与える可能性が高いものなのです。
胸を張ると、反り腰になりやすくなります。
背筋をまっすぐにするのも胸を張ることに繋がります。
大股で歩くと、大腿四頭筋などの太もも前側の筋肉を使ってしまいます。
腕を思いっきり引くのも、大胸筋を痛める原因になります。

こうしたやり方で頑張りすぎて、体を痛めた人を知っています。
わたしが整体師として働いていた時も、激しい運動、間違ったやり方でのトレーニングで体を痛めた人がたくさん来ていました。

痩せないどころか、健康をも害してしまうのです。
だから、まず「世間一般の正しい歩き方のイメージ」を捨ててください。
わたしたちが目指すのは、余計な力を抜いたリラックスした歩き方です。

実践!痩せる歩き方

「さあやってみましょう!! と言いたいところなのですが、歩く前に、正しく立つことはできていますか? 歩く前に、きちんと立つことができていなければ本当に効果を出すことはできません。
正しい立ち方は、こちらの動画が大変参考になります。 足から顔まで美しくするトレーナー、森拓郎さんです。
わたしは体の使い方を研究する中で、立ち方にも多くの時間を費やしました。 ありとあらゆる情報を見てきた中で、森さんの立ち方の説明が一番わかりやすくて的確だと思います。

また、立ち方についてまとめた記事もあるので、そちらも参考にしてみてくださいね。

では、立ち方は大丈夫でしょうか?
痩せる立ち方を習得できたら、いよいよ歩き方にいきましょう!
歩き方は、シンプルに言うと

下半身に負担をかけずに上半身を運ぶ

これだけです。

でもたぶん、どういうこと???となると思うので、詳しく説明していきますね。
歩くときには、下半身に負担をかけないよう気をつけます。
正しい立ち方で手に入れた重心を保ったまま、体を運んでいきます。

  1. 足をぽんっと投げ出す
  2. 軽くかかとをつける
  3. かかとをつけたところに体重をかけず、すっと上半身を前に持っていく
※胸から脚が始まってるイメージで!
※脚に力は入れない
※お腹の奥を意識する

これだけです。
最初は不自然な感じがしますが、繰り返すとラクに歩けるようになっていきます。
胸を張ったり、頑張る必要はありません。 ただ脚に負担をかけないように上半身を運ぶだけ。 うまくできるようになると、ヒールでもスニーカーでもきちんと歩けるようになっていきます。

実践あるのみ!です。 質問等あればいつでもコメントくださいね!

姿勢で体は大きく変わる

わたしの経験から言って、姿勢で体は大きく変わると断言できます。

姿勢は体の土台です。 食事内容に気をつけながら姿勢を整え、体の使い方がうまくなるだけでスタイルは良くなっていきます。

さらにそこから運動を取り入れれば、一生ダイエットする必要のない「痩せやすく健康な体」ができあがります。
まずは立ち方・歩き方・座り方などの日常動作の悪い癖を取っていってくださいね!