ジムで女性らしい華奢な体型になれるのか?ムキムキボディよりふわふわマシュマロボディになりたい!

ムキムキになりたくない
ムキムキになりたくない

http://weheartit.com/

 「ジムに通うと、腹筋ががっつり割れて脚の筋肉もしっかりついて、ムキムキになりそう。細くて女性らしい体にはなれないの?」
わたしはずっとこういった疑問を持っていました。 産まれ持った骨格だから、華奢にはなれないはず。 でも、痩せて綺麗になって華奢になった女の子だっている。
「この差はなんなの?」とずっと悩んでいました。 そうしてダイエットを研究し続けて、華奢で可愛らしい細い体を手に入れる方法がわかったんです。

そう、例えばこんな体。

ムキムキになりたくない2

http://weheartit.com/

 こんなスタイルも素敵ですよね。

ムキムキになりたくない3

http://weheartit.com/

 こういった体に、あなたもなれます。 絶対になれます。
なぜなら、華奢な体になるのに必要なのは「正しい体の使い方」だから。
もっと言えば、「正しい筋肉の使い方」

腹筋は、表面の筋肉ではなく奥の腸腰筋や大腰筋といったインナーマッスルを鍛えれば、女性らしいくびれができます。 脚は、太ももの裏側やお尻の筋肉を使うことができれば、ふくらはぎは華奢に、太ももは綺麗に引き締まって、細くてバランスの良い脚になります。

「とりあえず運動すればいい」とは絶対に思わないこと。

間違った体の使い方をして、余計な筋肉がつくのを防げれば、体は細くなっていきます。 2015年12月号のFRaUで、ローラさんが言っています。

「初めてトレーニングをした時、ゴツい体になって、『運動したら体は大きくなるの?』と疑問に思った。その後、パーソナルトレーナーをつけてトレーニングした時、正しい姿勢とかフォームを教えてもらった。それから筋肉のつき方も変わった!」

こんなことをインタビューで言っていました。
トレーニングにもコツがあるということです。

とりあえず運動すれば痩せるということはありません。 自分の体と向き合って、「このやり方で合ってるのか?」と確認することが必要です。
もしついてほしくないところに筋肉がつき、体が大きくなってがっちりした体型になってしまったら、やり方やフォームを見直してみましょう。 すでにプライベートジムに通っている場合は、トレーナーさんに確認してみましょう。
ローラさんもトレーナーさんに「太ももの前側に筋肉つけたくない!」と言ってあるらしいです。 なりたい体型や理想の体をしっかり伝えておくのも、ダイエット成功の近道だと思います! また、BOSTYではフォームチェックのための動画撮影がOKとなっているようなので、心配な人はこういった指導をきちんとしてくれるところを選んだ方がいいです。

正しい体の使い方については他の記事でも触れているので、ぜひ読んで実践してみてくださいね! わたしも華奢な体型になれるように頑張ります